406 LEDバルブ(H7)

406のロービームをLEDバルブに交換。

左がLEDで右がハロゲン。
ネコの目の瞳孔が大きくなりました。
光量は見た目には十分、カットラインはやや微妙?

まぁ、ファンレスのH7同形状で2千円台なのでこんなもんか。
耐久性は「?」なのでトランクにはハロゲンのバルブを乗せたままに。

(2017.7.9追記)

バルブ筐体でできる影で中央線側の死角が大きくて、運転していて疲れるのでハロゲンに戻しました。

406 車検(2017)

2004年式の当方406には13年目となる車検。

オイル漏れのあったオイルポンプ・レベルゲージセンサー・オイルクーラーガスケット、ガタの出ていた左タイロッドエンドを交換。

フランス車の13年目としては、「全然壊れていない」レベルですかね。
自分でやったショック交換でもどこかを壊してはいなかったようで一安心。
少なくともあと2年は頑張ってもらいましょう。

 

406 スタッドレス

昨シーズンからスノボを始め、十数年ぶりにスキー場へ行くように。

去年は4WD+スタッドレスのレンタカーを借りたのだけど、日帰りで行けるような場所なら別に4WDじゃなくても良さそうなので、今年は406にスタッドレスを購入。

で、年明けにAmazonでMICHELIN Xi3が安かったので買ったら、2015年製造のが来ました。
新品スタッドレス買ったの初めてかも(笑)

2月から3月にかけて5回ほどスキー場に出かけ、一度も怖い思いをせずに済みました。

新年

あけましておめでとうございます。

去年はそれなりに車や自転車で遊んだはずなのに、ほとんど書けてませんね。(汗)
遊んでいただいた皆さん、ありがとうございます。

今年もよろしくお願いします。

新品の乗り心地

乗り心地が多少良くなっただけか?と思った、新品ショックに交換した406。

高速を走ってみたらそれなりに違って、ふわふわした頼りなさがなくなって安定した感じ。
これが本来の乗り心地なのね。

交換したショックやアッパーマウントもそれなりに綺麗なので、もしかしたら最近交換されていたのかも。

だとしたら、すぐにまた以前の劣化状態に?(笑)

 

406 ショック交換(完了)

406のフロントショック交換を終わらせました。

前回スタビリンクの六角穴をナメてしまったので、スタビリンクも手配。
純正だと1本1万円以上するので、独MEYLEの互換品。

406の前後ショック交換をするのに追加で買った工具たち。
– ソケット16mm/18mm/7mmヘックス/T50トルクス
– ギアレンチ16mm/18mm
– ナックル分離SST (結果使えなかったけど)
– 薄口モンキー

ヘックスとトルクスは他のサイズも使うのでセットもの。
あと、16mmと18mmのメガネは買って以来使ってなかったセットをおろしました。
いずれもロードスターをいじるのには使わなかったサイズ。
いじる車が増えると工具も増える。

ショックとアッパーが新品になった406、多少乗り心地が良く…なった?
というぐらいで私の鈍感センサーでは大きな差はないです(笑)

406 ショック交換

406のリアショックを交換しました。

本当はフロントも交換する予定だったけど、3度目の挑戦でようやくリアだけ交換。

1度目、リアのロッドがM10/P=1.25の細目からM10/P=1.0の極細目になっていて、ナットがあわず再注文。
2度目、フロントのロッド端が7mm六角で工具がなく分解不可。
3度目(今回)、フロントのスタビリンク端の六角穴をナメてしまい、組み付けると二度と分解できなくなりそう。

国産車の足回りならバラせる、なんてわずかな自負は既に粉々に(笑)
406でこうなんだから、80年代以前の伊・仏車なんて自分のような素人が手を出したら絶対泥沼。

ちなみに、リアアッパー固定は部品屋さんに相談して手配してもらった平ナットのダブル。
極細目のナイロンナットなんて普通には手に入らないです。