406 ショック交換

406のリアショックを交換しました。

本当はフロントも交換する予定だったけど、3度目の挑戦でようやくリアだけ交換。

1度目、リアのロッドがM10/P=1.25の細目からM10/P=1.0の極細目になっていて、ナットがあわず再注文。
2度目、フロントのロッド端が7mm六角で工具がなく分解不可。
3度目(今回)、フロントのスタビリンク端の六角穴をナメてしまい、組み付けると二度と分解できなくなりそう。

国産車の足回りならバラせる、なんてわずかな自負は既に粉々に(笑)
406でこうなんだから、80年代以前の伊・仏車なんて自分のような素人が手を出したら絶対泥沼。

ちなみに、リアアッパー固定は部品屋さんに相談して手配してもらった平ナットのダブル。
極細目のナイロンナットなんて普通には手に入らないです。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。