MacBook Late 2008 SSD+HDD化

7年目を迎えようとするMacBook Late 2008をさらに延命。

  • HDDをSSDに交換
  • 壊れた光学ドライブを外してHDDを移設
  • HDDのユーザディレクトリは共用して、HDD: Mavericks/SSD:Yosemiteのデュアルブートに

光学ドライブは既に壊れていたので、2.5″ドライブへの入換えキットを使用。
DVDドライブは他でも使うので外付けUSBのものを別途購入。
純正DVDプレーヤが内蔵を読みに行って起動しなくなるので、DVDフレームワークを書き換え

MavericksからYosemiteへのアップデートは、OS X Serverが入っていると移行アシスタントが使えない
Yosemiteインストール時に移行用に一時的に別ユーザを作ってOS X Serverを入れてから移行アシスタントを実行すれば使えるのだけど、そうすると移行前とuidがずれて、ファイルパーミッションが面倒なことになる。
OS X ServerアプリをMavericksの時点で消去して、Yosemiteを入れてからServer入れ直し、というのが一番手間がかからないのを、試行錯誤の末に納得。

さすがにもう「次」はない、はず (笑)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。