TimeCapsuleアイコン

交換対応したTimeCapsule、直後は交換前と同一症状が出ました。

あーもう、返品だな…という気分で何度かAppleサポート窓口とやりとり。
そうしたら、契機不明で症状が再現しなくなり、なぜか今は2日間ほど安定稼働中。

ただ、ちょっと気になることが。

2台あるMacのうち、古い方の1台にはUSB HDDをつないで、Mac OS X ServerでTimeMachineサーバとしても動かしている。
そちらから見た場合のTimeMachine設定上の表示はこうなる。

スクリーンショット 2014-05-17 22.03.51

“HD-D2B”はUSB HDDの名前で、”AirPortTC2T”がTimeCapsuleの名前。
上の青緑色のがTimeMachineとしてのアイコンで、下の青いのはTimeCapsuleの共有HDDのアイコンと思われる。

で、もう1台の新しい方のMacから見た場合はこちら。

スクリーンショット 2014-05-17 22.04.28

“Backups”は、上記の古い方のMacのTimeMahcineサーバにクライアント接続している状態なので、アイコンは通常の共有ドライブのもの。
しかし、なぜか容量が2倍の4TB。
また、”AirPortTC2T”のアイコンが上記の場合と違って通常の共有ドライブのアイコン。
ローカルUSB接続している場合とネットワーク上のサーバに接続している場合のアイコンが異なるのは分かるとして、なぜ容量表示が変わったり、サーバ接続している場合のアイコンが環境によって変わったりするのでしょう?

Appleサポートにも見てもらったが、表示されるアイコンはTimeMachineの動作には関係ないという説明しか得られなかった。

とりあえず動いているから良いか、と思いつつも、バックアップとしての信頼感はやや乏しい感じです。

 

(追記)
翌日見たら、こうなってました。

スクリーンショット 2014-05-18 12.04.00

一体何なんだか…。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。