Sleepless

NoSleepでMacBookのスリープを止め、定期的にファイルアクセスするAppleScriptでHDDのスリープを止めて、TimeMachineは安定稼働するようになりました。

設定の範囲内ではMacBookもHDDも「スリープさせない」という選択肢は与えてもらえないので、なんとか使うには回避手段が必要。

安全のためのマージンを削る行為だとは分かっているけど、もうちょっとどうにかならないものだろうか。
いや、専用のTimeCapsuleを買えば良いのは分かっているのですが…。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。