OS X Server for TimeMachine

家で使っているMac環境を更新したので、旧MacにOS X Server(10.9)+αを導入中。

やりたかったこと:

  • USB接続したHDDにLAN内のTimeMachine環境を構築する
  • VPN(L2TP/PPTP)環境を構築する
  • 旧Mac(MacBook 13″ Late 2008 alumi)にこれらの環境をフタを閉じた状態で稼働させる

最初にやってみたこと:

  • オートパワーオフ機能付きのUSB2.0/3.0 HDDを旧MacBookに接続
  • 新MacBookでスパースバンドルディスクイメージを作って旧MacBookに接続したHDDに配置

→出来たことは旧MacBookのフタを開けている間のTimeMachineのみ
それも、オートパワーオフが裏目に出てたびたび失敗
新MacBookからHDDをTimeMachine対象として認識させられなかった
MacBookはフタを閉じると強制的にスリープするのでスリープ中は共有ドライブとしても使えない

全然ダメでした。
普通にフタを閉じたリッドクローズ(クラムシェルモード)で連続稼働できるものと思っていたら、それは外部モニタとキーボード・マウスを繋いだときのみ。
通常の設定範囲ではフタを閉じた状態でのスリープを回避する手段はない模様。
共有ドライブとして見えているときにもTimeMachine対象として認識させられなかったのは、多分やり方が悪い。
世の中には「NAS TimeMachine」で山ほどTipsが存在するので、たぶん出来るはずです。

しかし、HDDのオートパワーオフで旧MacBookがたびたびドライブを見失うこともあって、この時点でやる気消失。
VPNについては、VPN Activatorなるソフトを入れれば使えるようだけど、面倒くさくなったのでOS X Serverを購入(2,000円)。
Server入れた上でもスリープ回避の必要があるのかは現時点ではよく分かりません。
入れるなら、InsomniaXとかCaffeineとかと比較して、シンプルそうなNoSleepがよさそう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。