乗鞍岳サイクリング2013 (乗鞍エコーライン編)

「本当に2日目も登るの!?」と言いつつ、朝起きて温泉に入ったら元気十分。
身体も痛くないので、走ってみることに。

1日目と同様、車で行ける長野側の限界点、三本滝駐車場まで上がって自転車を組み立てる。
こちらは岐阜側までと違って大きな駐車場で、目の前にはすぐスキー場がある。
ここから歩いて三本滝を目指すハイカーも多いようでにぎやか。
天気は前の日以上の快晴で明らかに暑い。

DSC_0035

ハイカーの人たちに「頑張ってー」と言われながらスタート。

DSC00372

道幅は乗鞍スカイラインより狭く、最初の勾配はゆるめ。
木陰をぬうようにスキー場のゲレンデの上へ。

DSC00378

ゲレンデを離れると高い木もなくなり、空がこれでもかと青い。
そして暑い…。

DSC00457

文字通り雲一つない青空。
ちょっと登ると遠くの山々まで壮観。

DSC_0039

とにかく暑い。
木陰もなくなり、この調子でずっと続くならしんどいなー、と思っていたら、

DSC00460

カーブを抜けたところに茶屋が出現。
ペットボトルのドリンクも200円で買えて、ビールやアイスまで売ってる。
蕎麦とかの軽食も注文できて、なんだかもうゴールしたかのような雰囲気。(笑)

DSC_0042

実際は、この位ヶ原山荘で標高2,350m、ほぼ半分。
ここまで来たら登るしかないでしょ、ということで再スタート。

DSC00468

茶屋より下にはかろうじてあった道ばたの日陰はもうない。

DSC00475

そろそろ森林限界。
雪まで見えているのに、全然涼しくないんですけど…。

DSC00484

登山道につながる雪渓の前に、下から登ってきたのではなさそうな自転車の一団。
畳平まで輪行して、上から下ってきたのだろうか。

DSC00500

すれ違う下りチャリダーに「もうすぐ!頑張れー!」と言われながらこいでいると唐突に畳平到着。

DSC00510

畳平も前日とはうって変わって暑い!
寒さのためというより、日よけとしてズボンをはいた。

DSC00512

タイムはやはり前日と同じ3時間弱くらい。
worksさんも程なくして到着したので、山荘でお昼ご飯。
もう後は下るだけ!と思うと揚げ物でも何でも食べられます。(笑)

DSC_0048

すっかり良い気分で外に出て、山頂まで歩いて登ろうかと言っていたら、乗鞍スカイラインのある岐阜側から雲襲来。
さっきまで快晴だったのがにわかに曇ってきた。

DSC_0053

パノラマで撮ってみたら、空の対比がすごいことに。
左側の岐阜側はすっかり雲に覆われていて、worksさんが写真を撮っている長野側は相変わらずの快晴。

DSC_0057

長野側の空はこの時点でもこんなでした。

DSC_0061

下りは、スカイラインよりも怖かった。
勾配が若干きついところが多いのと、道幅が狭くて見通しがきかないコーナーが多くて、バスやタクシーにはち合わせることが多い。
バスも3〜4台連なって走ってくるので、コーナー手前で慌てて停まってバス行列をやり過ごす、なんてこともあった。

1376461313145

三本滝駐車場まで下ってきて、今年の乗鞍岳サイクリングも終了。
今年リニューアルしたばかりという乗鞍温泉郷の湯けむり館で温泉につかって、道すがらお土産を買い、松本に抜ける途中で信州そばを食べて解散。
中央道上りはそこそこ混んでいたので、SA/PAで休憩しながら日付が変わる頃に家に帰り着きました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。