シガーライター→USB電源 その1

車でシガーライター12VからUSB5V電源を取る機会は多い。
個人的にはそろそろシガーライターの代わりにUSBコネクタが選べても良いのではと思うくらい。

アメリカでレンタカーで借りたマスタングやVOLVO S80には、センターコンソール内にUSBコネクタがあった。
マスタングはマイクロソフトSYNCでMP3が聴けたりするみたいだったけど使い方分からず。
S80は単なる充電コネクタか?と思ったけど、実はこちらも連動対応していたかも。

最初に使ったUSB DCアダプタはメーカー不明のナナメ出し。
形はコレと同じだけど、ちょっと古くてたぶんギリギリ500mA出力。
このときのオーディオはPanasonic CQ-C1001Dで、1DINでアナログのライン入力がある一番安いユニット、オーディオソースはLEDがカラーになったばかりのiPod(4th generation)。
最初はイヤホン出力をライン入力に入れていたが、やはりライン出力から取りたくなったので、ドイツのiPodアクセサリーメーカーSendStation社のPocketDock Line Out USBを使っていた。
ドックコネクタより一回り大きいぐらいの形で、純正ドックに置いたときと同様にiPodのライン出力とUSBを分けて引き出せる優れモノ。
日本では当時代理店がなかったので、これを買うためにeBayとPayPalに登録した気がする。

オーディオソースがiPhone3GSになったら、iPodとのドックI/Fの互換性がなくなり、初代PocketDockでは充電できなくなった。
同じくSendStationから新しく出たPocketDock Line Out Mini USBなら充電できるらしい、ということで乗り換え。
最初は良かったが、確かiOS4になったタイミングで充電が出来なくなった。

このSendStation社の気の利いた小物は好きだったのだけど、Line Out Mini USBを出した2009年以降は新しい商品は作っていないみたい。
今年の東日本大震災後に2年ぶりにwebが更新されたと思ったら、自社製品を使ったチャリティーだった。
ありがたいことです。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。