ならし運転

かつては必要だと言われていた新車のナラシ。
機械加工や素材技術の進歩で、現在は新車であってもならし運転は一般に不要ということになっている。
でも、アウディの説明書には「ならし運転」という項目がある。

ちょっと長いけど全文引用。

新車は、最初の1,500kmまではならし運転を行ってください。
最初の1,000kmまではアクセルペダルを全開にしたり、トレイラーやキャラバンを引いたり、エンジン回転数を最大許容値の2/3以上にはしないでください。1,000kmから1,500kmでは、エンジン回転数と車速を徐々に挙げることが可能です。

最初の数時間の走行ではエンジンの内部摩擦は大きく、その後すべての可動部品にあたりが出て小さくなります。

最初の1,500kmまで車両をどのように運転したかによって、その後のエンジン品質が左右されます。最初の1,500kmの後は、特にエンジンが冷えているときには、低めのエンジン回転数による運転を続けてください。これはエンジンの摩耗低減に役立ち、エンジンの寿命を伸ばすことになります。

低すぎるエンジン回転数による運転も避けてください。
エンジンが滑らかに回らなくなったら、低いギアに変速(シフトダウン)してください。著しく高いエンジン回転数は、自動リミッターによって防止されます。

よく分かるけど、注文が多い(笑)

「エンジン回転数の最大許容値」はいわゆるレブリミットのことだろうか。
具体的にいくつか分からないのだけど、メーターは6,000rpmから7,000rpmの間ぐらいからがレッドゾーンで8,000rpmまで。
カタログの出力カーブは4,300〜6,000rpmがフラットなピークで、6,500rpmあたりで途切れている。
実際は6,000〜6,500rpmあたりにリミットがあってレッドまでは回らない、というところかな?

ついでに、変速比は、

1速: 3.692 / 2速: 2.238 / 3速: 1.558 / 4速: 1.175 / 5速: 0.914 / 6速: 0.745 / 7速: 0.616
最終減速比 前軸: 4.092 / 後軸: 4.111

タイヤは245/40R18なので外径が約650mm、周長が約2,040mm。
計算上は、7速2,000rpmで100km/h。6速3,000rpmで120km/h。
走ってみても大体そんな感じ。

まずは500kmまで2,000rpm上限、1,000kmまで3,000rpm上限、その後は最初にオイル換えるまでは3,500rpm上限、といった感じでナラシをやってみます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。