家づくり

自分が住む家ではなく、定年後の義母が住む家。

土地は決めたので複数社で注文住宅のプランニング段階なのですが、これが難しい。

A社:美しく機能性も十分。が、そのままの案だとコスト合わない
B社:ローコスト化の工夫にあふれている小さい家。住み方にも工夫が必要そう
C社:可もなく不可もないフツーの家。とにかくここの施行は単価が安い
D社:何でもいうままに作ってくれる。提案やアドバイスはしてくれないのでセルフビルド代行的
E社:捨て身な値段勝負プラン。むしろ売れない材料を集めて来てるのでは、、、

A社のプランは現時点で一番魅力的なものの予算的にはぶっちぎりでオーバー。
B社のプランはアイディアにあふれていて予算にもマッチしているが、納得ずくでないとツラい。
C社の安さには理由があるが聞いて納得しているので不審はない。
要望が具体化する間に初回提案してもらっているので提案力はA社・B社とフェアには比較出来ていない。
D社・E社は現時点で脱落確定。

A社とB社の折衷的な案となるようC社に再提案してもらうのが一番良さげだが果たして…。

 

続・11n無線LAN

年末にWR8700NとMacBook Proの相性?問題で入れ替えた無線LAN。

年末時点では10.9.1だったMac OS Xが10.9.2になって無線LANのドライバが更新された。
更新前のドライバは、WR8700Nとは関係なく単体でも問題がありそうで、実際我が家の環境でもLAN内でpingがタイムアウトすることがあったが、更新後のドライバではこの単体での問題は出なくなった。

一方、最近、nasneからのtorne再生をしているとLAN内の他のネットワーク動作が極端に重くなっていた。
ボトルネックは、リビングでPS3と無線LAN APがぶらさっている100BASE-TXのハブ。
以前はtorne再生中もそんなことはなかった気がするのだけど、ただ気づいていなかっただけかもしれない。

ハブを1000BASE-Tに置き換えればいいのだけど、有線LAN端子数的には無線LAN APをWR8700Nに置き換えてもまかなえるので、試しにリビングの無線LAN APを旧AirMac ExpressからWR8700Nに戻してみた。

MBPrの接続もtorne/nasne再生も問題は出ない。
すこぶる快適。
以前はSHL21が無線LANでつながらなくなる問題もあったが、これも出なくなった。
MBPrの怪しい動作の巻き添えを食っていたのか…?

今度こそ11acのAPを買う機会かと思ったら、まだ遠そうです(笑)

iPad mini Retina Wi-Fi+Cellular (US Ver)

ハワイに行ったついでに、US版のiPad mini Retina Wi-Fi+Cellularを買ってきました。

日本で買うのもアメリカで買うのもiPadのハードは一緒。
ただ、日本ではいわゆるSIMフリー版は売っていない。
Apple Storeで売っているものもauかSoftbankの国内SIMロックがかかっている。
海外に行くと現地のSIMは好きに使える。

アメリカのApple Storeで売っているiPadもSIMフリーのパッケージはなく、いずれかのキャリアのSIMがバンドルされている。
AT&TとT-mobileはロックフリーなのでSIMをどの端末にさしても使えるが、VerizonとSprintは同キャリア用の端末との組合わせでないとSIMのアクティベーションができない。
バンドルされているSIMは店頭では特に契約の必要はなく、後から自分でiPad上でカード情報を入れてアクティベーションする。
オンラインのApple Storeで見ると、色・容量・キャリアを指定すれば在庫が検索出来た。
オンライン予約して店頭での受け取りも出来るようだったけど、見た時点ではどのバージョンでも在庫はありそうだったので予約はしないことに。

SIMはT-mobileのプリペイド「Ready SIM」がワイキキに何軒かあるローソンで買えるらしいので、それが安価に使える。
ささっているSIMをアクティベートすれば1〜2GBは使えるデータ専用プランになるのでそれを使ってもいい。

・・・というところまでこちらのサイトをおおいに参考にさせてもらってから現地へ。

まずはApple Store Royal HawaiianでiPad購入。

カラーと容量を指定してCellular版が欲しいとスタッフにいうと奥に行って在庫を取ってきてくれた。
キャリアをどれにするかは聞かれず。
出てきた在庫が目的のVerizon版だったので問題なし。
ケースカバーと一緒にカードで購入。
ここまではすんなり。

Apple Storeを出て、早速、Verizonのアカウントを作ってアクティベートしようとするとこれがうまくいかない。
住所・電話番号は適当にホテルのものを入れて通せても、カード番号が日本発行のカードではダメ。
「international cardは受け付けないよ」と言われてVISAだろうがMasterだろうがハネられる。
行く前に見たサイトではVerizonで日本のカードが使えると書いてあったけど、どうやらUS発行のカード以外は受け付けなくなったらしい…。

Verizonはあきらめてローソンに行ってみると、目的のReady SIMが置いていない。
2軒行って1軒は全くSIMを置いておらず、もう1軒はReadySIMの倍の値段のHoku WirelessのSIMしか置いていなかった。

Ready SIMの取扱店情報はあてにならないかもしれないので要注意です。

そこらじゅうにあるコンビニ、ABC Storeに他のプリペイドSIMも置いてあったけど、ちょっと高い。
Ready SIMの値段(1週間通話フリー+500MB使えて$25)を考えていたので買う気になれず。
この時点でもはやハワイ現地で使うのはあきらめかけていた。

が、その後、カハラモールに行ったらAT&TとVerizonとT-mobileのショップがあった。
Verizonは日本のカードではアカウントが作れなかったのと、AT&Tはいまひとつプランが分からなかったのでつい敬遠。
Ready SIMを置いていないかとT-mobileのショップへ行ってみたら、目的のReady SIMは置いていなかったけど、普通にプリペイドのデータSIMが買えて、チャージも出来た。
SIMが200MBのプレチャージが付いて$10で、追加のデータ通信チャージが1GBで$15、計$25。
日本に帰ってからT-mobileのアカウントを作ってみたら普通に日本のカードでも登録出来た。
SIM自体に有効期限はないようなので、もしかしたら次にアメリカに行くときにまた使えるかも。

これでようやくiPadで4G LTEが使えるようになり、その後、ワイキキ周辺はもちろん、オアフ島北部のノースショアなどでもLTEが使えました。
Ready SIMではいまのところLTEは使えなかったようなので、当初予定の金額で倍のデータ通信とLTEが使えたから良しとしましょう(笑)

2013年を通して

あと1日半ほどで2013年も終わりを迎えます。

クルマ関係。
15年目車検を迎えたロードスターの維持に悩み、一時はロードスターを検切れ放置することを考えた。
が、さらに考えた結果、先に処分するべきはどちらだったかに思い至りA5Sportbackを処分。
輸入車は3年で価値が半分になるというが、幸いそれなりの値段で引き取ってもらえた。
高年式の認定中古車として新たなオーナーのもとで第2の人生を歩みだしたようです。
一方のロードスターは、車検を通したもののこの2年半いろいろと放置だったので要修復。
まずは駐車場を湿気だらけの立体下段から上段+ボディカバーへ。
カタカタいう足回りも徐々に直す。

自転車・アウトドア関係。
8月には5年ぶりの乗鞍でスカイライン・エコーライン両面登坂に次いで9月にはしまなみ海道走破。
しまなみ海道では最新のカーボンロードを知ってしまったけど、まだ当分はミニベロでやってみる。
今度はどこに行こう?
いや、そう考える前にとりあえず走れ、という感じですが。

10月には奥穂高(3,190m)登頂。
久々の山行だったのに、ナメきったボロ靴で行ったのを大いに反省。
運良く歩き通せたものの、両足親指+左足小指の爪を剥いでしまって全治半年状態、です。
来年はもっとちゃんとした道具でちゃんと歩く。

PC・ゲーム関係。
MacBook Pro Retina 13″を購入。
旧MacBook Late 2008 Aluminiumはサーバ化してみたが今ひとつ。
自宅ネットワーク環境もそろそろ手入れが必要そうです。

年末に艦これを始めたらすっかりDQXをやらなくなってしまった。
カジノとコロシアムに手を付けることは今後も多分なさそう。
課金が残っているうちにVer.2ストーリーだけはやろう。
MH4とGT6は最初の数時間の後は積みっぱなし。
ジョジョASB?知らない子ですね…。

健康関係。
2月頃に思い立って「夕飯抜き」ルールで半年で9kg減。
夕飯抜きの目的は摂取総カロリーを減らすことであり、食べないこと自体が目的ではない。
飲み会には行くし、昼飯にはラーメンでもカレーでも食べる。
しかし、その目的を意識していれば自然と無駄食いは減って正しく食べるようになるし、体重も減る。
自らに課す健康ルールはシンプルに、かつ堅持すべし、と学びました。

今年1年、お世話になった皆さま、ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します!

さて、年賀状…。

11n無線LAN

3連休の間中、無線LANの設定に四苦八苦していました。

まず、一部の機器(MacBook Pro retina 13″ 2013とSHL21)が20〜30分に1回ぐらい不定期にルータにつながらなくなり、5分ぐらいすると復帰。
その状態になるとルータからもpingが通らないけど、なぜか間にある有線経路で他のLAN内ノードにはつながる。
この症状が、該当機器からWR8700Nを経由してルータに接続している場合にのみ契機不明で発生。
起きない機器(MacBook Air 11″ 2012)では起きない。
この期に及んでIPレイヤーで相性というものがあるとは思いたくないが、WR8700Nの無線LAN経由の場合だけではなく、WR8700Nを有線で経由している場合にも起きる。
WR8700Nは先日ファームウェアのアップデートが久々に提供されたが、今後のアップデートは少々望み薄。

しょうがないので、メインの5GHz無線LAN APを寝室用に使っていた旧型AirMac Expressに交換。
そうすると、今度はApple機器ではつながるがそれ以外のAndroidスマートフォンでAPが見えなくなる。
初期化しても症状変わらず、今度はApple機器でも見えなくなるケースが出てきた。

買ってから4年くらい使って熱で外装が焼けているくらいなので、いよいよ壊れたか?と思いつつ、ようやく思い出したのがチャンネル設定。
たぶん以前はチャンネルの固定設定をしていたのだけど、初期化でチャンネル設定が「自動」になっていたのがつながらなくなる原因。

このAirMac Expressは、旅行中にアメリカのApple Storeで買ったので、無線LANのチャンネルがアメリカ仕様だった。
技適はともかくとして、日本仕様の5GHzでは対応していないチャンネル(149〜161)にならないように、共通で使えるチャンネル(36〜48)に固定したらどの機器でもつながるようになった。

これで、新しい11ac機器を買う言い訳を失いました (笑)

Sleepless

NoSleepでMacBookのスリープを止め、定期的にファイルアクセスするAppleScriptでHDDのスリープを止めて、TimeMachineは安定稼働するようになりました。

設定の範囲内ではMacBookもHDDも「スリープさせない」という選択肢は与えてもらえないので、なんとか使うには回避手段が必要。

安全のためのマージンを削る行為だとは分かっているけど、もうちょっとどうにかならないものだろうか。
いや、専用のTimeCapsuleを買えば良いのは分かっているのですが…。

OS X Server for TimeMachine

家で使っているMac環境を更新したので、旧MacにOS X Server(10.9)+αを導入中。

やりたかったこと:

  • USB接続したHDDにLAN内のTimeMachine環境を構築する
  • VPN(L2TP/PPTP)環境を構築する
  • 旧Mac(MacBook 13″ Late 2008 alumi)にこれらの環境をフタを閉じた状態で稼働させる

最初にやってみたこと:

  • オートパワーオフ機能付きのUSB2.0/3.0 HDDを旧MacBookに接続
  • 新MacBookでスパースバンドルディスクイメージを作って旧MacBookに接続したHDDに配置

→出来たことは旧MacBookのフタを開けている間のTimeMachineのみ
それも、オートパワーオフが裏目に出てたびたび失敗
新MacBookからHDDをTimeMachine対象として認識させられなかった
MacBookはフタを閉じると強制的にスリープするのでスリープ中は共有ドライブとしても使えない

全然ダメでした。
普通にフタを閉じたリッドクローズ(クラムシェルモード)で連続稼働できるものと思っていたら、それは外部モニタとキーボード・マウスを繋いだときのみ。
通常の設定範囲ではフタを閉じた状態でのスリープを回避する手段はない模様。
共有ドライブとして見えているときにもTimeMachine対象として認識させられなかったのは、多分やり方が悪い。
世の中には「NAS TimeMachine」で山ほどTipsが存在するので、たぶん出来るはずです。

しかし、HDDのオートパワーオフで旧MacBookがたびたびドライブを見失うこともあって、この時点でやる気消失。
VPNについては、VPN Activatorなるソフトを入れれば使えるようだけど、面倒くさくなったのでOS X Serverを購入(2,000円)。
Server入れた上でもスリープ回避の必要があるのかは現時点ではよく分かりません。
入れるなら、InsomniaXとかCaffeineとかと比較して、シンプルそうなNoSleepがよさそう。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。